ジョニblog

ジョニー大友公式ブログ 映画とギターと人生と、好きな事して豊かに生きる

映画【感想・レビュー・おすすめ】

映画【MOTHER マザー】 ネタバレなし

投稿日:

いつもありがとうございます。

ジョニー大友です。


今日は久しぶりに映画の話。

本作は祖父母殺害事件に着想を

得た実話ベースの映画です。


監督は大森立嗣

お父様は麿赤兒さんで、

俳優の大森南朋さんのお兄さんです。


大森立嗣監督は私の好きな

作品のひとつ

『日日是好日』の監督でも

あるので、感慨ひとしお・・・

※こちらはプライムビデオで

鑑賞可能です。




また、

芦田愛菜さん主演の

『星の子』(私はまだ未見)

の作品の監督でもあるので、


勝手に期待は高まります・・・



で、早速『MOTHER』

のネタバレなしの感想ですが、




観た方がいい・・・


僕が言うのも何ですが、

下手にスピリチュアルとか、



自己啓発を学んだりするよりも、

(そもそも学ぶものか?っていう

話でもありますが・・・)



本作を観た方がいいです。


きっと何かを感じるはず・・・




終盤の寄り引きのカメラワーク、

キャストの奥平大兼さん

秀逸です。


他のキャストの方達も

言わずもがな・・・


NETFLIXで視聴可能です。



誰しも心のどこかにこのような親子関係と

いうか、共依存的関係性を少なからず、

抱いているのではないでしょうか・・・


中盤救いの女神のような夏帆さん(高橋亜矢 役)

も現れますが・・・



こんなところに当てはめるのも何ですが、

聖母マリアと、マグダラのマリアを想起

しました・・・




個人的な見解ですが、

男の人生には(少年も含む)

大きく二人の女性が関係するように

思います・・・。



僕は他人事としてみれなかった・・・





予告編では本編の重厚さを表現しきれて

いないと思います(失礼)







作品は違いますが、前述の

日日是好日も好きなので貼っておきます。

個人的には鎌倉の海もチラっと

出てくるので嬉しいです^^


こちらも

予告編では本編の重厚さを表現しきれて

いないと思います(失礼)

それ程両作品とも、素晴らしいという事です。



両作品ともオススメですので、

鑑賞して何かを感じて下されば

幸いです。


コメント欄等で、感想を

シェアして下されば

尚、嬉しいです。





つくづく映画ってなんでこんなにも

いいんでしょうか・・・



今日もありがとう。






The following two tabs change content below.

ジョニー大友

28歳、脱サラ→経験皆無から4年でヤマハのギター講師へ(当時4校掛け持ち)独立→現在会社経営13年目、ギター講師は10年目、以前は地元、鎌倉FMのパーソナリティーを6年間務める(内容としては人生相談や映画紹介等)また、プライベートでも、 結婚→離婚→再婚とそれなりに経験しています。無類の映画好きで、鑑賞済み映画は4,000本Over 鎌倉でスローライフを実践中!

最新記事 by ジョニー大友 (全て見る)

-映画【感想・レビュー・おすすめ】
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画『シャフト』感想【ネタバレなし】

ジョニー大友です。 では、早速本題に! 先ずはこの順番で観ると 時の流れや時代感を感じつつ より一層味わい深いかもしれません シャフト『黒いジャガー』(71) ↓ シャフト(00) ↓ シャフト(19 …

アニメ映画『予言者』【ネタバレなし】

ジョニー大友です。 もはや人類必見の作品と言えるでしょう。 U-NEXTなら無料体験期間で 無料でご覧いただけます Amazonではレンタルでは400円くらいから鑑賞可能です 本作ならばDVDを購入し …

映画『ドラえもん新・のび太の日本誕生』【ネタバレなし】

ジョニー大友です。 今日も映画の話です。 ちなみに表題の作品は 1989年3月11日公開の 『ドラえもん のび太の日本誕生』 のリメイク作品です。 ※僕が鑑賞させて頂いた方は、 リメイク版の方ですが、 …

『6アンダーグラウンド』【ネタバレなし】映画感想・レビュー

ジョニー大友です。 昨日に引き続きまたもや映画の感想です。 ちなみに昨日の記事 映画『アイリッシュマン』 『アイリッシュマン』 『6アンダーグラウンド』 ともにNetflix映画と言っても過言 ではな …

公式サイトから引用

【原因】は何でもいい物語を進める装置

ジョニー大友です。 今日もまた映画の話なのですが、 自分のブログの表題に感じるものがあったので、 こうして今日もブログを書いています。 で、こちらの作品 あっ、映画のタイトルは『すべのて終わり』で こ …