ジョニblog

ジョニー大友公式ブログ 映画とギターと人生と、好きな事して豊かに生きる

映画【感想・レビュー・おすすめ】

アニメ映画『予言者』【ネタバレなし】

投稿日:

ジョニー大友です。

もはや人類必見の作品と言えるでしょう。

U-NEXTなら無料体験期間で

無料でご覧いただけます



Amazonではレンタルでは400円くらい
から鑑賞可能です

本作ならばDVDを購入して蔵書とするのも
勿論ありです。

監督は『ライオン・キング』で有名な

ロジャー・アラーズ、作中で『ライオン・キング』

を彷彿とさせるシーンもあります^^

原作はカリール・ジブランの

『預言者』

ですから

アニメーションから入って
『原作を読みたくなった』なんていうのも

勿論ありですね。

過去にはレバノン大統領から現上皇后美智子様へ

贈られ愛読書になったとか・・・

それから神谷美恵子さんへと続きますから

尚更感慨深いですね

個人的な体験ですが、神谷美恵子さんの

『生きがいについて』

は、大学生の頃に受講した哲学の授業内で
僕のテーマにした本でした。

(今から20年以上も前の話です)

時系列はこの際、脇に置いておいて
そしてジョン・レノンのジュリアへとも

繋がって行くのですから、
情熱が止まりませんね・・・^^

映画に話を戻します

声優陣も豪華で『レ・ミゼラブル』(個人的に大好き)

でも有名なリーアム・ニーソン

こちらの記事でも『ヒットマンズ・ボディガード』

紹介したサルマ・エハック

アニメーションが非常に美しいです。

以前書いていたアメブロで

『ジョニー大友の棺桶に入れたい映画100』

なんていうのをやっていたのですが、

本作『レ・ミゼラブル』と

『預言者』も棺桶入り決定です

(あの世に行ってからも鑑賞したい

くらい好きな作品という意味です)

例え『預言者』の気付きが2000年前でも

2万年前でも、一種の人類が到達した

悟りとするならば、

今を生きる我々はもはやそれは

初期設定で持っているはずですね^^

確認の意味でも、

『預言者』を必見の作品として

紹介させて頂きました。

本日も最後までお読み下さりありがとう

ございます。


本日もスーパーウルトラミラクル

ラッキーなあなただからこそ、

今日もこの文章を目にしているのですね^^


明日は第2月曜日ですので

またまた僕はラジオです

17時~ 2時間生放送

鎌倉FMシーサイドカフェ828を

よろしくお願い致します。

ラジオ視聴方法詳細

The following two tabs change content below.
ジョニー大友

ジョニー大友

映画を観つつ、ギターを弾きつつ、ラジオのパーソナリティーをしつつ生活しています。 鑑賞済み映画は約4,000本 ギター講師は9年目 鎌倉FMパーソナリティーは7年目です。youtubeやラジオでも主に映画紹介や人生相談(ON AIR済み相談案件約300件)をしています。 鎌倉市在住

-映画【感想・レビュー・おすすめ】
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画『ゲット・アウト』【ネタバレ】なし

ジョニー大友です。 あらすじ&全体の雰囲気は 以下のYouTubeムービーさんの 動画へ譲ります↓ ↑ このシーンで僕は実際に暗示にかかり そうになりました・・・ 恐るべし破壊力・・・ キャスト特筆 …

映画『リメンバーミー』感想【ネタバレなし】

ジョニー大友です。 17年のディズニーピクサーの作品 なので、観たのは結構前なのですが、 今晩21時~ 金曜ロードSHOWで 本編ノーカットで地上波初放送らしいので、 折角なので記事にしてみました。 …

『天才の頭の中ビル・ゲイツを解読する』感想・レビュー

ジョニー大友です。 『ビル・ゲイツ』と聞いて皆さんは なにを思い浮かべますか? 表題の様に天才?お金持ち? マイクロソフト?・・・ 本作を観るとそんなビル・ゲイツ氏の イメージが払拭されるかもしれませ …

『ポーラ狙われた暗殺者』 感想・映画レビュー【ネタバレなし】

ジョニー大友です。 早速ですがいつもの様に映画紹介を あらすじ&雰囲気は公式サイトへ 譲ります。(19)の作品です。 原作は(12)発表のマンガ『Polar』だそうです。 キャストは マッツ・ミケルセ …

海獣の子供公式サイトから一部画像引用

海獣の子供

ジョニー大友です。 先日、こちらの記事 でもチラっと触れましたが、 先日『海獣の子供』を鑑賞しました。 ↑ 例によって予備知識なし 状態で鑑賞したのですが、 タイトルカバーからして 「なんか、これえの …