ジョニblog

ジョニー大友公式ブログ 映画とギターと人生と、好きな事して豊かに生きる

映画【感想・レビュー・おすすめ】

映画『ドラえもん新・のび太の日本誕生』【ネタバレなし】

投稿日:

ジョニー大友です。

今日も映画の話です。

ちなみに表題の作品は

1989年3月11日公開の

『ドラえもん のび太の日本誕生』

のリメイク作品です。


※僕が鑑賞させて頂いた方は、

リメイク版の方ですが、

旧の方もマッハでチェック

してみたところ、

ほぼ同じ内容の様でした。

リメイク版はこちら

※『映画ドラえもん のび太の新恐竜』

の公開は2020年8月7日に決定しましたね!

木村拓哉さんの声優も

気になりますね!

04年の『ハウルの動く城』

思い出されます。

なぜ今ドラえもん!?



余談中の余談なのですが、



僕は、2か月前くらいの冬から

お肌の感想を感じており

(最近は春なので緩和されて

きましたw)


こちらを購入したとろころ


TPならぬ、AP!

映画を観れば分かります!w

パッケージがドラえもんだった

事により、最近自分の中で

ドラえもん熱が再燃し、

『大人になった!?目で再鑑賞してみたい』

という欲が自ずと湧き、

最近ドラえもんを鑑賞したのでした。

ちなみに僕が買ったパッケージは

こちら



『うるおそう!』

のフルひらがなが、

個人的にツボでマッハで買ってしまいました・・・


以後、愛用させて頂いております。


映画の内容は!?


のび太君をはじめおなじみの

キャラ達が7万年前にタイムスリップ

します(家出が原因ですw)


ここが凄い!


『のび太の日本誕生』

(旧作から)31年も時を経ていますが

(2020年現在)

その当時でここまでの内容が

描かれていたとは、


流石の一言・・・

影響でスタンプまで買って

しまいました・・・


当時の民が神と崇めていた!?

ものは一体何だったのでしょうか?・・・


詳しくは本作を鑑賞して頂き、

ご自身の目で確認してみて

頂けたら幸いです。


大人になった今も、

まだまだ、ドラえもん

シリーズから学ばせて頂ける

事は沢山あるように思います。


新旧ともにAmazonプライム会員の

方ならば無料で鑑賞可能です。


本日も最後までお読み下さり有難う

ございました。


あなた様に、


スーパーウルトラ・ミラクル

ハッピー波をお送り致します^^

The following two tabs change content below.
ジョニー大友

ジョニー大友

映画を観つつ、ギターを弾きつつ、ラジオのパーソナリティーをしつつ生活しています。 鑑賞済み映画は約4,000本 ギター講師は9年目 鎌倉FMパーソナリティーは7年目です。youtubeやラジオでも主に映画紹介や人生相談(ON AIR済み相談案件約300件)をしています。 鎌倉市在住

-映画【感想・レビュー・おすすめ】
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

昨日は無事でしたか!?映画『パージ』シリーズについての考察

ジョニー大友です。 既に『パージ』シリーズをご覧の 方はご存知だと思いますが、 パージは浄化や一掃を意味します。 映画『パージ』の基本設定 犯罪激増→刑務所は犯罪者で溢れる →政府は対策として年に1度 …

こんな時系列で観るとおもしろいかもしれない映画①『ブレイブハート』感想

ジョニー大友です。 ①②③と3作品の映画紹介を するつもりです、 全作品ある意味 繋がっておりますので、 お楽しみ頂けたら幸いです。 では早速①の 『ブレイブハート』(95) もう25年も前の作品です …

約束の絵本が届きました!『ラヴ・ユー・フォーエバー』【おすすめ】

ジョニー大友です。 こちらの記事でも触れた 本ブログ表題の絵本ですが、 上記の記事通り早速購入して 読了致しました。 こちら ちなみに僕はマッハでAmazonで 購入しました 感想 これもまた以前の記 …

『マスカレードホテル』映画・感想【ネタバレなし】

ジョニー大友です。 『マスカレードホテル』が 2020年1月3日(金)21時から フジテレビで放映されますね。 あらすじ、詳細等は 公式ページへ譲ります http://masquerade-hotel …

『ポーラ狙われた暗殺者』 感想・映画レビュー【ネタバレなし】

ジョニー大友です。 早速ですがいつもの様に映画紹介を あらすじ&雰囲気は公式サイトへ 譲ります。(19)の作品です。 原作は(12)発表のマンガ『Polar』だそうです。 キャストは マッツ・ミケルセ …