ジョニblog

ジョニー大友公式ブログ 映画とギターと人生と、好きな事して豊かに生きる

映画【感想・レビュー・おすすめ】

映画『ドラえもん新・のび太の日本誕生』【ネタバレなし】

投稿日:

ジョニー大友です。

今日も映画の話です。

ちなみに表題の作品は

1989年3月11日公開の

『ドラえもん のび太の日本誕生』

のリメイク作品です。


※僕が鑑賞させて頂いた方は、

リメイク版の方ですが、

旧の方もマッハでチェック

してみたところ、

ほぼ同じ内容の様でした。

リメイク版はこちら

※『映画ドラえもん のび太の新恐竜』

の公開は2020年8月7日に決定しましたね!

木村拓哉さんの声優も

気になりますね!

04年の『ハウルの動く城』

思い出されます。

なぜ今ドラえもん!?



余談中の余談なのですが、



僕は、2か月前くらいの冬から

お肌の感想を感じており

(最近は春なので緩和されて

きましたw)


こちらを購入したとろころ


TPならぬ、AP!

映画を観れば分かります!w

パッケージがドラえもんだった

事により、最近自分の中で

ドラえもん熱が再燃し、

『大人になった!?目で再鑑賞してみたい』

という欲が自ずと湧き、

最近ドラえもんを鑑賞したのでした。

ちなみに僕が買ったパッケージは

こちら



『うるおそう!』

のフルひらがなが、

個人的にツボでマッハで買ってしまいました・・・


以後、愛用させて頂いております。


映画の内容は!?


のび太君をはじめおなじみの

キャラ達が7万年前にタイムスリップ

します(家出が原因ですw)


ここが凄い!


『のび太の日本誕生』

(旧作から)31年も時を経ていますが

(2020年現在)

その当時でここまでの内容が

描かれていたとは、


流石の一言・・・

影響でスタンプまで買って

しまいました・・・


当時の民が神と崇めていた!?

ものは一体何だったのでしょうか?・・・


詳しくは本作を鑑賞して頂き、

ご自身の目で確認してみて

頂けたら幸いです。


大人になった今も、

まだまだ、ドラえもん

シリーズから学ばせて頂ける

事は沢山あるように思います。


新旧ともにAmazonプライム会員の

方ならば無料で鑑賞可能です。


本日も最後までお読み下さり有難う

ございました。


あなた様に、


スーパーウルトラ・ミラクル

ハッピー波をお送り致します^^

The following two tabs change content below.

ジョニー大友

28歳、脱サラ→経験皆無から4年でヤマハのギター講師へ(当時4校掛け持ち)独立→現在会社経営13年目、ギター講師は10年目、以前は地元、鎌倉FMのパーソナリティーを6年間務める(内容としては人生相談や映画紹介等)また、プライベートでも、 結婚、離婚とそれなりに経験しています。無類の映画好きで、鑑賞済み映画は4,000本Over 鎌倉でスローライフを実践中!

最新記事 by ジョニー大友 (全て見る)

-映画【感想・レビュー・おすすめ】
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニコール・キッドマンのおしりが・・・

ジョニー大友です、いつもありがとう ございます。 アレなタイトルですみませんが、 今日も映画の話・・・ ちなみに、こちらの作品 ちなみにデッド・カームとは 大凪という意味だそうです (89)の作品なの …

天気の子公式サイトより画像引用

『天気の子』

ジョニー大友です。 昨日の『海獣の子供』 に続き水分系映画を またひとつご紹介! あらすじ等はこちら リンクをみてくだされば 分かります ↓ 個人的には、 こちらの記事の 下の方でチラっと ご紹介させ …

ウエストワールド 覚醒

ジョニー大友です、 前回のブログは梅雨頃に書いていたかと 思ったら、季節はすっかり秋になって いました・・・。 お陰様で、相変わらず 私は元気です。 ありがとうございます^^ 最近の私といえば、 これ …

もう少し評価されていいんじゃないか??と思う作品

いつもありがとうございます。 ジョニー大友です。昔アメブロで同じような記事を 書いた記憶があるのですが、自分で検索しても、見つけられず・・・で、早速ですがこちらの作品↓ ↑ 現在、Amazonプライム …

映画『キングダム』【年末年始おすすめ映画】その2

ジョニー大友です、ちなみに【その1】 は、こちらの記事でも書いた『アイリッシュマン』 です。 年末年始おすすめ映画 『アイリッシュマン』 なぜおすすめ? 先に結論から書いてしまうと、 原泰久大先生の原 …